腰痛があっても運転しなくてはならないことってありますよね。仕事だったり、通勤だったり、必要なものを買い出しに行かなくてはならなかったり。
そういうときに少しでも楽に、運転するための方法があればといろいろ調べてみました。
自分の体験も含めてわかったことを書いてみます。

女性ドライバー

運転がなぜ腰に負担をかけるのか?

運転席に座るあの姿勢はなぜ腰に負担がかかるのでしょうか?
それはシートに腰掛けることで背中の自然なS字カーブが崩れ、腰部分を中心に負担がかかるからです。
それが筋肉の緊張を生み、血流も悪くしていきます。そもそも立っているときより座っているときのほうが腰への負担は大きいと言われていますので腰痛の人にとっては更に悪化させることになります。

スポンサーリンク

腰への負担を減らすいくつかの工夫

腰への負担を軽減するためにいろいろな人が行っている工夫を調べてみましたので、自分の体験をふくめ書いてみました。

車のシートの背もたれははなるべく立てる

車のシートはなるべく立て気味にして、なおかつ寄りかからないようにしましょう。(背中がシートに触れるなということではありません笑)

シートには深く座る

シートに座るときは背もたれに背中がつくように深く座ります。座り方が浅いと、背骨が曲がり姿勢が崩れ、そのまま運転すると腰に負担がかかります。
これは実際に座ってみるとわかると思いますが、深く座ることで姿勢の安定感も増しますので、意識してやってみてください。

背中部分にクッションを当てる

上のようにシートに深く座った上で、腰部分とシートの間にできる隙間部分をふさぐような感じでクッションを当てます。
クッションが無ければバスタオル等を丸めて崩れないように紐やゴムで止め、利用します。

私も今は小さな座布団をたたんで紐で止めたものを使っていますが、以前自宅のPC用の椅子に「ボディドクター バックアップ」というクッションを購入しました。

これが調子良いので、車のシートにも同じものを買おうと思っています!

座面のお尻部分が沈んでいたらフラットになるように調整する

シートの座面のお尻部分が沈み込んだ状態で長時間の運転をすると、これも腰に負担がかかってしまいます。
たとえば座面にクッションを敷くなど、座面が沈み込まないような工夫をすると腰への負担も軽くなり、お尻も痛くなりにくいです。

下にご紹介しているクッションはエクスジェルという材質の効果と、座面に傾斜がついているデザインで、いい姿勢を保ち腰への負担を減らすことができるというものです。

腰痛の人にとって運転しやすく痛みを起こしにくいカーシートということで、色々探してみると「レカロシート」が良いということをたびたび目にしました。

気になって調べてみると車乗りの人が憧れるシートだということがわかりました。そのうえ一体型のシートで上半身全体をホールドしてくれるデザインのため、運転中も疲れにくく肩こり、背中の痛み、腰の痛みには抜群の性能を発揮してくれるということでした。(参考:走り屋ではないけど車好きのためのサイト

そのデザインからスポーツカーに使われているイメージですが、腰痛の人が運転時に腰への負担を減らす目的で購入することも多いようです。
シートにはレカロのロゴ「RECARO」がカッコよく入っています!

唯一の欠点は値段が高いことですね。

お値段はピンキリですが、一番安くて8万円台。高いものは80万円もします。

でも、普通のシートとかなり違うようなので、使ってみたくなっちゃいますね~!

レカロに座ってみた

レカロというカーシートを知ってから座り心地にとても興味を持ちました。
試しにレカロにぜひ座ってみたい!と、ネットでショールームを探してみたところ見つけたのが、自宅からそう遠くないところにあるカー用品ショップです。

そこには腰痛の人向きの腰痛メディカルシリーズと呼ばれるレカロシートの展示もあるということで期待も大きくドキドキしながら出掛けました~!

お店に並んでいるレカロシートの数々・・・。

シリーズの中で腰痛の人に一番のおすすめだという「ERGOMED」シリーズに座ってみました。

そしてあまりの座り心地の良さにうっとりしてしまいました!

このレカロシートの一番の特徴は、人間の姿勢の一番腰に負担がかからないと言われている直立したときの背骨が描くS字ラインを座りながらキープするように設計されているということです。それが腰への負担を軽減するということですが、まさにその通りの座り心地でした。

寒い時期の身体の血行不良を防ぐためのシートヒーターまで装備されていて、至れり尽くせりという感じです。

価格が表示されていなかったので聞いてみると、本体価格12万円弱~20万円弱でした。(取り付けに必要なベースフレーム代、取付費用は別にかかります)

この時説明してくださった店長さんによると、価格を表示していないのは購入する人がシートを選ぶときに、最初に価格という先入観で選んでしまうのではなく、自分にあった座り心地で選んでほしいという配慮からでした。
座り心地を試してもらった後に予算に合わせてシートの提案をしてくださるということです。

説明を聞いて、実際に座ってみて、私もレカロシート欲しくなってしまいました!

仕事で毎日クルマに乗ることが必要な人はシートを「レカロ」に交換してしまうのもありかもしれませんね・・・!

ストレスと痛みのない運転が手に入るのだったら安いものかもしれません!

レカロのオフィスチェアは至れり尽くせりの作り

ちなみにレカロではオフィスチェアも作っています。
「RECARO 24H CHAIR」といいます。

いろいろな機能がついていてすごいです。

  • エアランバーサポート・・・背中のS字カーブをサポート。腰の部分のふくらみの大きさをエアポンプで自由に調製できる。
  • アームレスト高さ・角度調整機能・・・上下約80ミリ、左右約30度の範囲で肘掛けの高さと向きを調整できる。
  • シート高さ調整機能・・・小柄な女性でもラクに座れる高さ設定。約70ミリの範囲で細かい調整が可能。
  • アングルロック機構・・・身体へのフィット感を重視した機構。ロッキング時の座面復帰位置を水平から3度の前傾位置に変更できる。
  • ロッキング硬さ調整・・・ノブを回して背もたれのロッキングをラクな硬さに調整できます。
  • ヘッドレスト高さ・角度調整機能・・・体格に合わせたベストポジションに、ヘッドレストの高さと角度を調整できる。
  • 無段階リクライナー・・・座り心地に応じて背もたれの角度を前後約50度の範囲で調整することができる。
  • シートロッキング機構・・・座っているときの拘束感を緩和する機構。シート全体を約16.5度の範囲で前後に揺り動かせる。

私が一番素晴らしいと思ったのは、背中のS字カーブをサポートしてくれる「エアランバーサポート」です。この機能がついている椅子は他にもありましたが、レカロのオフィスチェアのように、自分の一番いい状態にフイット感を自由に調節できるのはほとんどないと思いますね~。

このチェア、220箇所以上におよぶ全国の消防指令室に採用されているということです。

「RECARO 24H CHAIR」という名前、24時間座っていても疲れないと言う意味が込められているのでしょうか(驚き!)ほしいですがこのオフィスチェア、高機能のためカーシート以上に高いです!

素材がファブリックのものが18万円弱、レザーのものが27万円です!

超高級チェアーですが、こちらにも大いに興味を持ってしまいました~!

スポンサーリンク
おすすめの記事