ArtsyBee / Pixabay

訪問介護という仕事は介護と家事をやる

キッチン

ArtsyBee / Pixabay

訪問介護の仕事は主に個人のお宅に伺って、その人ひとりひとりに合わせて作られた「ケアプラン」というプランに基づいてサービスを行う仕事です。

具体的には、ご利用者さまが自分で出来ないことを、私達ヘルパーが一緒に行ったり、ヘルパーだけで行ったりします。たとえば食事の支度から食事の介助、着替え入浴、トイレにいくことの手助け、おむつ交換、掃除(決め事にそって)などです。

私が訪問介護事業所に勤めていた時は、だいたい1日に4件から多い時で6,7件くらい訪問していました。
朝は8時から、夜は18時くらいまで、お家によっては夜21時におむつ交換で伺うとかもあったりします。本当に色々です。

訪問介護が向いている人

何より人とのコミュニケーションが苦にならない人、得意じゃなくてもいいんです。
介護の仕事仲間から「私は訪問介護だけはムリ」と言われますが、理由のひとつがご利用者さまと一対一対応で仕事をすることがムリということらしいです。
確かに人と人との距離が近いので、それが苦痛な人もいるかもしれません。

でもやってみると、そんなことはあまり気になりません。
逆に、時間内で仕事をしながらご利用者さまの話を聴いたりすることは、楽しいことだと思います。

ただし、人間いろいろな方がいますので、自分とウマが合わない人に当たるとちょっとストレスになったりします。
そういう時は上手く受け流すか、最悪担当を変えてもらうなどで対処していきます。

訪問介護の求人に関して

仕事で家事に関しては好き嫌い関係なく、慣れだと思うのではじめからそんなに気にすることはないと思います。
そんなに難しい、だいそれた事はやらないので、男女問わず訪問介護の仕事は問題なく行えます。

ただ求人に関しては事業所によって差があり、男性大歓迎の会社もあれば男性を雇用するのに消極的、と言うか女性のみの雇用の会社もあるようです。

私が勤めた3社は、特徴が全部違っていて、1社目は、社員全員女性でパートでも男性は一人のみ。
次に勤めたところは、社員、パート全員女性。もちろん募集要項には、女性のみ募集とは書いていませんが…。
3社目は、男女問わずガンガン募集していて、社員もパートも男女いい感じに混ざっています。

なぜ女性ヘルパーが多くなる傾向があるかというと、ご利用者さま側からの「ヘルパーは女性にしてくれ」と言う希望があることが関係していると思われます。

訪問介護はけっこう力仕事もあるし、ご利用者さまからヘルパーに対してのセクハラ問題もあるので(こういう人に限って女性ヘルパーを希望します(笑)、男性ヘルパーも現場ではとても必要とされているのですが、なかなか難しいところもあるみたいですね。

仕事のメリット

訪問介護の仕事をしていて私が一番良かったことが「自分ちの家事をすることが苦ではなくなる」ことでした。
仕事を持ち、普段外に出て働いていると、休みの日なんかでも自分ちの家事はついおろそかになりがちです…というかめんどくさくておろそかです!ハイ

それが仕事で人の家の掃除なんてやっていると、部屋掃除でも風呂掃除でも面倒じゃなくなるんですね…!
慣れですかね。
え、これって完全に私にとってのメリットになっちゃっていますねー。

デメッリトもありますよ

雨の中の象

ilhamabdi325 / Pixabay

訪問介護のデメリットといえばこれでしょ…!というのが真夏、真冬の移動。
そして荒天、雪の日の移動。(特に自転車、バイクでの移動)
これらの日の仕事は、こちらの根性を試されていると言っても過言ではないような気がします。
どんな悪天候であろうと、私たちヘルパーを待っている人がいると思うと、何としてもたどり着かなくてはと使命感に燃えてしまいます。

こんなこともありますよ~というのが、たとえば伺うお家がはっきり言ってゴミ屋敷(はい、我が家も似たようなものですが(汗)みたいだったりします。
するとそういうところが苦手だという人には、辛いものがあると思います。(実際のところは慣れてしまうんですけどね・・・イヤだけど)
あの黒っぽいカサカサはい回るあれ、がイッパイいるお家も現実には一定数あります。

仕事を終えて帰宅後は、全身着替えてから自宅に入ったほうが良いという訪問先もあったりします。
まぁそこまでのお家は少数派だとは思いますが(多分)

訪問介護で楽しく仕事するコツ…のようなもの

まず、決められた仕事をきちんとこなすということは基本としますが、普段からご利用者さまとコミュニケーションをしっかりとります。そして、決められたこと以外のお願いをされた時は、やんわりときっちりとお断りするメリハリが必要です。

何でもやってあげたくなるのが人情ですが、それをやっているときりがないのでそこははっきりとけじめをつける。
ちゃんと話せばわかってもらえるはずです。

一番いいのが事業所の上の立場の人から説明してもらうことですね。
その場で決して安請け合いしてはだめです。

そういうところをちゃんと対応すると、ご利用者さまと事業所の両方からの信用がつきます。
その時は言いにくいかもしれませんが、結果そのほうがきっと仕事はやりやすくなるはずですから!

訪問介護の仕事は大変なことも多い、でも楽しい

ほかの色々な仕事と同じように、この仕事も大変なことは多いです。
でも、私個人的には訪問介護の仕事は大好きです。

大変だけど感謝していただいたり、いい意味でやりがいはあるし。

ただし年々、体力的に移動がきつくなってくるかな…というところが今の正直な気持ちでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事