6月に入りました。ケアマネ試験の申込みの月です。
この記事では、今年のケアマネ試験を受験するために必要な3つのことを順番にご紹介します。

どれも読んだら「あったりまえのことじゃん」ということなのですが、私は介護福祉士試験のとき一度申し込みしそびれて失敗していますので(笑)確認のためにもあえて記事にしてみました。

前提として受験資格は満たしていることとします。

受験資格
保健・福祉・医療分野で通算5年かつ900日以上(業務によっては、10年かつ1,800日
以上)の実務経験を有する方

1.試験案内を早急に取り寄せる

まず最初に、受験地の市町村の所定の場所で試験案内を配布しているので手に入れます。(私は市役所の介護保険担当課に出向き手に入れました。)

試験案内表紙

配布場所や、手に入れる方法は次のサイトで受験地の都道府県の試験担当課にて必ずご確認ください。〈公益財団法人 社会福祉振興・試験センター〉

受験地を間違えてしまうと試験が受けられません。上のサイトで自分の受験地を確認してから試験案内を取り寄せてください。
確認と試験案内の取り寄せは1日も早いほうがいいです。(基本的に土日は配布していないところが多いです)

試験案内は手に入れたら必ずすぐに全てに目を通す

試験案内は手に入れたらその日のうちに必ず全てに目を通しましょう。
1日伸ばしにすると準備が間に合わなくなる可能性も出てきます。
勤務先が複数あり、合算しないと実務経験が受験資格に満たない場合など、証明書の取り寄せに時間がかかる場合があります。

スポンサーリンク

2.受験資格を証明する書類を準備する

試験案内を手に入れたらすぐに、受験資格に関する書類をそろえるための準備に取りかかりましょう。

具体的には実務経験の証明書を自分が勤務した職場に書いてもらいます。
介護福祉士のときの要領ですね。

私は3か所の勤務先の実務経験を合算する必要がありました。
なので3か所の勤務先に電話でケアマネ受験のための実務経験証明書がほしい旨を連絡し、どうしたら良いかを聞きました。

その後試験案内の該当ページ(実務経験証明書、書き方見本、説明のページ)をコピーして、切手を貼った自分宛ての返信用封筒を同封したものを3か所の会社に送りました。この返信を待つ期間だけでも1周間はかかると思います。

3.簡易書留で郵送する(持ち込み不可)

試験案内をよく読み、不足なく書類などそろっているか確認し、締め切り内に届くように送ります。

東京都の場合
簡易書留で郵送(持ち込み不可)
6月30日 当日消印有効

たぶんほかの地域も同じだと思います。
ご確認ください。

 まとめ

10月8日の試験まであと約4か月。日にちにすると約120日ちょっと。

受験を決めている方は早めの準備で余裕を持った申込みをおすすめします。
そうすればあとは試験勉強にガンバるだけですよ!

(試験案内の裏表紙に〈介護支援専門員になるまでのながれ〉が書いてありました。今後の参考になるかと思いますので載せておきます。)

DSC_0389

スポンサーリンク
おすすめの記事