2017年度ケアマネ試験終了!難易度など

第20回ケアマネ試験が終わりました。
受験された皆さま、お疲れさまでした!今ごろ受験からの解放感で断っていたもろもろの楽しみを再開しているとこでしょうか?
私は試験後、その足で美容院へ直行し髪をカットしに行きました!
Twitterなど見てみましたが、出来具合はともかく飲み会にGo!という方も多かったみたいです。気持ちはわかりますよ~!

スポンサーリンク

私の試験結果(自己採点)

試験日当日、夕方には解答速報がいくつもネットにでていました。
その中でもユーキャンの解答速報で自己採点してみました。ユーキャンサイトを選んだのは、自分の選んだ答えをチェックしていくことで採点と最後に分野別に合計点数を出してくれる自動採点サービスが便利だったからです。一目で自分の点数が出るのである意味怖い(^^;

ちなみに私の採点結果は「介護支援分野」25問中18点、「保健医療・福祉サービスの知識等」35問中25点でした。
合計60問中43点。正答率はそれぞれの分野で一応70%以上とれました。

ただし、ケアマネの試験は毎年何点以上が合格!というものではなく、その年によって合格基準点が上下します。

今回の試験後、Twitterを見ていたら昨年に比べて問題が易しかったとか、やりやすい問題だったとか、そういう意見もちらほら見られました。
ということは、昨年に比べて合格基準点が上がる可能性があるということですね。

ちなみに前回、平成28年度(第19回)東京都介護支援専門員実務研修受講試験合格基準は以下の通りです。

どのくらいの人たちが今年の問題を易しいと思ったのか、そういう点ではっきりとしたデータが出ているわけではないので何とも言えませんね・・・。
一生懸命勉強して、問題を軽がる解いた人が積極的にTwitterに投稿しているかもしれません(^^;

ケアマネ合格発表日は11月28日です

2017年度のケアマネ試験合格発表日は11月28日(火曜日)です。
受験者全員へ合否通知書が発送されます。ドキドキしますねー!
あと、ネットでも見ることができるようです。おそらく受験番号での発表になると思いますので、くれぐれも受験票をなくさないようにしましょう(^^;
詳しくは受験の時に配布された(はずの)案内をご覧ください。

私自身の学習についての考察

今年のケアマネ受験に挑戦してみて、いろいろ振り返ってみました。

自分自身の学習期間と総学習時間

今回、スマホのアプリで「Studyplus」(スタディプラス)を活用していました。
以前勉強法で参考にさせていただいたjijiさんのブログのなかでjijiさんがおススメされていたアプリです。(受験生や学生さんにはおなじみかもしれません。大学生の娘はすでに使っていました~)

(→jijiさんのことは過去記事「ケアマネ試験過去問5年分をやった結果~正答率45%【ケアマネ受験記その2・学習編】」を参照ください。)

「Studyplus」(スタディプラス)を簡単にご紹介すると、自分の勉強時間の管理ができ、同じ目標を持つ仲間と励ましあいながら勉強をすすめられるという学習アプリです。

勉強時間を完全に管理できていたわけではないので、多少もれもありますが、これでおおよその学習時間がわかります。

今回合計の学習時間は約100時間でした。

下のスマホのスクリーンショット画像を見ていただくとわかると思いますが、横軸が月表示です。
縦軸が時間を表しています。色分けは何かというと、使った参考書の種類別に記録できるので何をどのくらい勉強したのかもわかるようになっています。

学習は今年の3月から始めていました。でも1か月の学習時間は一桁です(^^;
そして9月、いよいよ後がないよーと(笑)50時間以上の勉強をしています。
さらに10月は試験前日までの7日間で15時間以上勉強しています。(前日は勉強の仕上げをやろうと休みをとっていました~)

ところで以前学習計画をたてたましたが、奇しくも(笑)予定通りの学習時間になりました。

→ケアマネ試験過去問5年分をやった結果~正答率45%【ケアマネ受験記その2・学習編】

正直言いまして、計画をたてたまではよかったのですが、それほど意識していませんでした。
計画たてた意味あるのかと突っ込みが入りそうなくらいですが・・・。(^^;)

仕事も忙しいし、勉強やらなくてはと焦る気持ちはいっぱいだし、人手不足のため仕事は激務・・・!足腰は痛くなるしで全然気持ちに余裕はなく・・・。
時間があればただやみくもに過去問をやっていました。

学習の内容・・・どんなやり方で勉強したのか

私がこの数か月やったケアマネ受験のための学習のポイントを記してみます。

  • 過去問・実践予想問題
  • YouTubeケアマネ受験関連動画
  • マインドマップの活用
  • 図書館の利用

順に説明していきます。

過去問・実践予想問題

勉強の中心にしたのは過去問です。晶文社の過去問、実践予想問題集を購入して解いていきました。
晶文社の合格体験記を読むと、合格した皆さんが過去問を何回も繰り返し解いて合格したとの体験がたくさんあり、「これだ!!」と思ったからです。
お財布にもやさしい!(^^)!

過去問は5年分を順番に、その後はランダムにスキマ時間に解いたり、休みの日にまとまった時間を作って解いたりしました。
はじめのうちは解説を理解するまで読みながら進めていったので、結構時間がかかりましたが、だんだんといい意味で問題にも慣れていきました。

過去問を解くうえで大事なことは、どうしてそういう答えになるかということを理解すること。
なので、同じところでつまずく事柄は解説だけでなくより深く勉強することも大事だと思います。そのために動画やサイトを利用しました。

有料でDVDや講座で学ぶこともできるので、それらを利用することも一つの手段だと思います。

過去問クイズ

過去問をやる際に、こんなクイズ形式でできるサイトがあるんです。
→過去問クイズ(ケアマネ)

ケアマネ 過去問でケアマネ試験に合格しよう!
ケアマネ試験の過去問を年度ごとにクイズ形式で出題します。リアルタイムな○×判定で試験に近い緊張感を持つことができます。間違えた過去問のみを出題する復習機能や、ランダムに全科目又は科目別に出題するランダム出題もあります。
繰り返し過去問を解き、ケアマネ試験に合格するための知識を確実につけていきましょう。引用:過去問クイズ・ケアマネ過去問より

1問解いていくごとに正答率がでます。一喜一憂しながら楽しく過去問を解くことができました。

YouTubeケアマネ受験関連動画

過去問のほかに9月から取り入れたこと、YouTubeのケアマネ受験関連動画です。
探すといろいろあるのですが、私が気に入ってみていたものをご紹介します。

吉川正人のケアマネ試験対策講座

ケアマネ講座さくらさつき

これらの動画は解説がわかりやすいし、言葉も聞き取りやすいのでおすすめです。

速さを1.25~1.5にして聞くとどんどん進んで良かったですが、ポイントを書きとったりするには標準速度がいいかもしれません。(ご自分の聞き取りやすい速度でお聞きくださいね!)

動画は過去問を解いていてわからなかった用語を知るために見ていました。
知ったら解く、解きながら覚える~を繰り返します。
もっと早く知って何回も繰り返し見ていたら、もっといろいろ理解が深まったのではないかと少々悔やまれます。

ほかにも「ケアマネ試験対策」等と検索してみるといろいろな講師の動画が見つかるので、自分がいいなと思ったもので学習してください~!

マインドマップの活用

紛らわしい事柄を覚えるために活用したのがマインドマップです。

100均でスケッチブックを購入し、動画や過去問解説を見ながら自己流でマインドマップ(らしきもの)を書いていろいろまとめていきました。

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。
参照:Wikipedia「マインドマップ」より

こんがらがって覚えにくいこと、例えば「国の事務」「都道府県の事務」「市町村の事務」など覚えるのに利用しました!

画像のものは自分がわかればいいや!と、時間優先で書いているのできれいでもなく漢字も間違っているかもしれません!!
こんな感じで書きましたよ~ということです(^^;あくまでも、ら・し・き・も・のということで・・・。

図書館の利用

休みの日、行かれる日は図書館に行って勉強していました。

家だとダレてしまうことも多いですが、図書館の雰囲気の中では結構集中して勉強がはかどります。ケアマネ受験関係の参考書をひろげている人を見かけると、「みんな頑張っているんだな!」と励みになりましたね!試験前日に同年代の受験生を見かけたときは、思わず声をかけて「明日の試験、頑張りましょうー!」と固く握手したくなったほどです(笑)

初めてのケアマネ試験を受けてみての感想、反省点など

今回の受験での感想や、確実に合格するためによりこうしたほうが良かったとかの反省点を考えてみました。

ケアマネ試験に合格できる人はどんな人か

実際に今回受験してみてわかったのですが、ケアマネ試験に合格するにはコツコツした学習が必要だということです。
逆に言えばある程度計画的に、時間をかけて勉強できる人はちゃんと合格しているということです。
合格体験記に書いてあることは本当だったんだ!ということを実感しました。

合格したかったら勉強する!
勉強する努力をしなければ合格は難しい!

ケアマネ試験に合格するにはどのくらいの学習時間が必要か

試験に合格するのに必要な勉強時間ですが、個人差もあるので断言はできませんが、もし自分が来年ケアマネ受験をするとしたら・・・。

参考学習時間
(仮に5月から学習開始する。1か月20日勤務、10日休みと考えて計算)

5月・・・20日×30分=10h、10日×1h=10h→10+10=20h
6月・・・上に同じ→20h
7月・・・上に同じ→20h
8月・・・上に同じ→20h
9月・・・20日×30分=10h、10日×4h=40h→10+40=50h
10月・・・(仮に2017年度と同じ第一日曜あたりが試験日として考えると勉強にあてられるのは7日間くらいと予想)何とか10時間学習する

6か月間で合計140時間(最低でも)

今年の受験を参考に、こんな計画をたてて勉強したいと考えます。(繰り返しますがこの勉強時間は最低ラインということで)

勉強に関して学習時間以外に必要なこと

今年できなかったことで大事だと思ったことが、過去問でいつも間違えるところや苦手だと思うところを時間をかけて覚えることです。
介護支援分野の問題など、私的にはややこしくて難しいのでなかなか覚えられないのですが、くり返しやって覚えるしかないですよね。
当たり前のことなのですが、今年はこの部分がいまいち足りなかったと思っています。

こうすればあと3点とれたかも

この記事を書くにあたって、間違っていた問題を見直してみました。
全くわからない問題、さんざん迷って回答して不正解という問題もありましたが、何の迷いもなく回答したものの明らかに文章の読みが浅くて不正解だった問題が何問かあり、もっと問題文を落ち着いて読むべきだったと反省しました。

次回2018年 第21回ケアマネ試験について

ご存知のようにケアマネ受験資格についての変更の措置期間が今年で終わり、来年2018年 第21回のケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)からは受験資格が変わります。(詳しくは下の過去記事を参照ください。)

→ケアマネ受験資格が変更!実務経験5年の人は平成29年度の受験を逃さない方がいい!

私もこの措置期間のおかげで今年受験することができました。なので今年不合格でも来年は受けられません。
受験できるとしても3年後です!仮にその年受かったとしても定年まじかの新人ケアマネ・・・!マジきついですね(笑)

まとめ

ケアマネ受験は今回だけとはじめに決めていました。私にとって2回目はないんです。
それがあったので自分の中では今年の受験はけっこう真剣に勉強しました。

ケアマネ試験は年々合格率が下がっているし、範囲は介護福祉士試験に比べて格段に広いけど、ちゃんと勉強した人には結果がついてくる。そういう試験だと合格体験記の中の人は語ってくれています。
受験を決めているあなた、合格する!!と決めて、自分を信じて勉強してみませんか!

 

おすすめの記事→「2017年度 第20回ケアマネ試験に合格しました!ケアマネを目指すことにした2つの理由と介護支援専門員証取得までの流れ」

スポンサーリンク
おすすめの記事