平成30年度(2018年)ケアマネ試験の実施要項が発表されました

今年2018年度「第21回介護支援専門員実務研修受講試験」(ケアマネ試験)の日程が以下のように発表されていました。

平成30年 10月14日(日)

試験開始時間 午前10時

スポンサーリンク

受験資格が昨年までと違うので注意が必要です

今年の試験が昨年までの試験と違うところは受験資格が変更になったことです。

昨年まで受験資格があったという人も今年はない可能性があるので確認してください。(私のように・・・^^;)

詳細は以下で書いています。

受験資格変更部分

今年の受験資格ですが簡単に書くとこのような感じです。
(Ⅰ)国家資格等を取得後、登録してからの業務が 5 年かつ900日以上ある方
(Ⅱ)施設等において法により必置とされる相談援助業務に従事した期間が5年かつ900 日以上ある方

詳しくは下の画像のような内容です。
私は介護福祉士の資格を持っているのですが、資格取得し登録後5年かつ900日業務にあたっていないと受験資格はないことになります。
画像が見にくい方は次のリンクから埼玉県社協のPDFをご覧ください。(下の画像と同じものです)→受験要件の見直しについて(PDF)

受験を予定している人が最初に行うこと

これらを踏まえて、今年のケアマネ受験、やったるぞ~(^o^)/という方は、とりあえず下の要領でお進みいただければと思います。

受験資格を満たしているかを確認

従事期間が1日でも足りなかったりして受験資格を満たしていないことがあとからわかった場合、合格していても取り消しというクールな対応されます。

くれぐれも最初にしっかり確認してくださいませ。

なお、自分は働いたと思っていても事業所からの証明がなされないと認められません~。

疑問なことは受験地の社協のケアマネ業務課までお問い合わせしてくださいね。→都道府県社会福祉協議会

受験地の確認

受験地というのは現在介護関係(曖昧な場合は社協にお問い合わせください)の仕事をしている場合はその勤務地、そうでない場合や無職の場合は居住地になります。

この受験地も間違えて申し込んでしまうと受験できないという決まりがあるので気をつけてください。

住まいと勤務地が違う都道府県の場合は要注意です!

社協から資料(試験案内)の取り寄せ

受験地を確認したら、その地の社協から試験案内を取り寄せます。

ちなみに埼玉県の場合です

(1)配布期日 平成30年5月31日(木)から6月29日(金)まで
※閉庁日を除く

(2)配布場所
ア 市区町村介護保険担当課及び市町村社会福祉協議会
イ 県高齢者福祉課及び県福祉事務所
ウ 埼玉県社会福祉協議会(彩の国すこやかプラザ)

上の配布期日ですが都道府県によって微妙に違うので、必ず社協のホームページなどで確認してから早めに手に入れてください。

いずれにしてもほぼ1ヶ月間くらいしかありません。

取り寄せる証明書などありますので、配布期日が来たらくれぐれもお早めに。

働いた期間の証明書などなかなか届かなかったり、届いたものに間違いがあって送り直してもらうなど生じると超焦りますよ・・・(経験済み)

受付期間内に簡易書留で郵送

書類が届いたらこれまた早めに簡易書留で郵送しましょう。

間に合わないからと直接お届けはNGです。

「簡易書留で郵送のみ受け取る」というきびしい掟!

まとめ

ちょうど1年前の今頃、ケアマネ受験どうしようかなーと考えていた時期です。

そうは言っても、9割以上は受けるつもりになっていました。

 

何故かと言うと、次の年(今年のことですね)は自分には受験資格がなく受けようにも受験できないことがわかっていたからです。

一生に一度のケアマネ受験のつもりで試験をうけることにしました。

振り返って今考えると受験を決めて本当に良かったです。

 

いろいろな新しい世界が開けた気がします。

 

正直、資格を得られても業務につけるかどうかはわかりません。

でも受験前とは知識も経験も考え方も違っているのは確実です。

 

迷っている人は是非受けてみてください。そして受けるからには合格してください!

ちゃんと勉強すれば受かる試験です。

私もできました。60代、70代の人も受かっています。大丈夫です!

 

これでとりあえず私の「ケアマネ受験記」としての記事は一段落させたいと思います。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます!!m(_ _)m

スポンサーリンク
おすすめの記事